公益財団法人 小林製薬青い鳥財団

助成事業

2021年度 助成募集要項

趣旨

小林製薬株式会社は、人と社会に素晴らしい「快」を提供する、という経営理念に基づき、“あったらいいな”をカタチにする、をスローガンに事業活動を行っております。

公益財団法人小林製薬青い鳥財団では、引き続き、障がいや病気を抱える子ども達とそのご家族にとって“あったらいいな”をカタチにしようとされている個人又は団体に対して助成支援を行ってまいります。

助成対象分野

障がい・病気に悩む子ども達とその家族が抱えている様々な医療・福祉上の支援活動及び調査研究で、日本国内において行われるもの

応募資格

1. 支援活動の場合

日本国内において活動する次の法人等(個人は除きます。)

  • 公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
  • 一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)
  • NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人又は認定特定非営利活動法人)
  • その他ボランティア団体、町内会など非営利かつ公益に資する活動を行う団体

2. 調査研究の場合

日本国内の大学・研究所等に所属し、研究職に従事している個人
日本国内において活動する次の法人等

  • 公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
  • 一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)
  • NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人又は認定特定非営利活動法人)
  • その他ボランティア団体、町内会など非営利かつ公益に資する活動を行う団体

助成内容

助成金額
1. 支援活動 / 1件100万円~500万円程度(5件~10件程度)
2. 調査研究 / 1件100万円程度(3件~5件程度)
助成対象期間
2022年4月より、原則1年ないし2年で一定の成果が得られるもの(複数年にわたる活動の場合でも、支援金は初年度一括交付です。)。

応募手続

応募方法
所定の申請用紙(A4サイズ)に必要事項をご記入の上、必要書類を添えて押印した正本1部のみ郵送にて応募して下さい。日本語での記入を条件とします。郵送いただいた書類等の返却は出来かねますので、予めご了承下さい。
応募期間
2021年6月4日(金)~2021年7月30日(金)必着

申請書ダウンロード

選考及び決定

  1. 申請いただいた書類に基づき、当財団の選考委員会において書類選考を行います。
    ※選考過程において、直接ヒアリングや訪問等をさせていただく場合がございます。
  2. 選考委員会の選考結果を元に、当財団の理事会にて決定します。助成選考の経過・内容に関するお問い合わせには応じかねますので、ご了承下さい。
  3. 採否の結果は、10月上旬以降文書にて通知します。
  4. 贈呈式を2021年12月に開催します。助成決定者は、贈呈式にご出席いただけることが条件となります。開催形式は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、後日決定致します。なお、贈呈式において、活動・調査研究内容を発表していただく場合がございます。

完了報告

助成金決定者は、助成対象となった活動・調査研究の完了後、定められた期日までに、当財団所定の完了報告書をご提出いただきます。また、ご提出いただいた報告書は、ホームページ等により公開する場合がございますので、予めご了承下さい。

助成実績(2021年度)

支援活動

No 名称 所在地 主題
1 特定非営利活動法人にこり
代表者:荒木 俊介
福岡県 医療的ケア児とその家族の生活の質を高める移動支援・福祉有償運送の充実
2 特定非営利活動法人プロジェクトサンタ
代表者:藤田 舞
兵庫県 病院で治療を頑張る子ども達ができるガチャガチャ設置運営の為のチャリティイベント
3 認定特定非営利活動法人横浜こどもホスピスプロジェクト
代表者:田川 尚登
神奈川県 重い病気の子どもと家族のかけがえのない豊かな時間の提供
4 認定特定非営利活動法人 FaSoLabo 京都
代表者:空閑 浩人
京都府 食物アレルギードリームプランプレゼンテーション
5 特定非営利活動法人親子の未来を考える会
代表者:林 伸彦
千葉県 医療的ケア児・障がい児の送迎支援・就学支援体制の立ち上げと行政移行に関する活動
6 キッズプランナー
代表者:若井 万友美
神奈川県 障がい・病気に悩む子ども、家族のためのコミュニケーションアプリ【にこ☆おやこ】
7 特定非営利活動法人ダイバーシティ工房
代表者:不破 牧子
千葉県 「読み書き」に困難さを持つ障がい児へのオンラインによるオーダーメイド学習支援
8 特定非営利活動法人環境教育ネットワーク
代表者:比留間 文彦
東京都 障がいを抱えた児童生徒及びその保護者が社会全体に自然に受け入れられる仕組み作り

調査研究

No 名称 所在地 主題
1 川崎 雅子
一般社団法人日本PCIT 研修センター 臨床心理学、子育て支援学 臨床部長・研究員
東京都 ADHD児へのインターネット親子相互交流療法の治療効果に関するランダム化比較試験
2 特定非営利活動法人日本小児がん研究グループ 脳腫瘍委員会 神経心理評価小委員会
代表者:温井 めぐみ
大阪府 小児脳腫瘍治療後の高次脳機能障害の軽減と支援体制構築に関する研究
3 福島 紘子
国立大学法人筑波大学 小児科 講師
茨城県 陽子線治療を受けた小児がんサバイバーの併存症ならびに健康 QOL調査
4 植田 瑞昌
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 障害工学研究部(建築学)流動研究員
埼玉県 障がい児の成長と発達を促す効果的な動物園利用のためのガイドライン開発研究

お問い合わせ・申請書送付先

公益財団法人 小林製薬青い鳥財団 事務局
〒106-0032 東京都港区六本木一丁目7番27号 全特六本木ビル East 5階
TEL:03-3505-5371(受付:平日 月~金 9時半~17時) FAX:03-3505-5377

Copyright © 2017 The Kobayashi Foundation All Rights Reserved.

ページ上部に戻る